子どもの発達が学べるWEBマガジン【こども発達WEB】

【活動報告】豊能町立吉川保育所で、運動発達のアドバイザーとして活動してきました

View this post on Instagram

今日は、継続した関わりを持たせていただいている、大阪府豊能町立吉川保育所さんに行ってきました。 運動遊びのアドバイザーとして、保育内容を拝見し、アドバイスをさせていただきました。 体の使い方が気になるお子さんも何人かおられ、考えられる理由と、対処方法についてお話してきました。 来年度も継続して関わらせていただくことになりそうです。 #豊能町 #豊能郡 #豊能町立吉川保育所 #ゆずのおっちゃん #子どもと姿勢研究所 #発達 #運動発達 #保育所 #保育園 #保育士 #幼児期 #体作り #講師活動 #講師のお仕事 #発達アドバイザー

A post shared by 西村 猛@子どもの発達アドバイザー (@nishimura__takeshi) on

今日は、大阪府の豊能町にある吉川保育所さんに行ってきました。

こちらの保育所さんでは、一年を通して、子どもの体作りに関する取り組みを行っておられます。

私は、定期的にお伺いし、設定保育プログラムを拝見し、運動発達の観点からアドバイスを行っています。

また、発達特性のあるお子さん(体の使い方が気になるお子さんや、コミュニケーションなどにも特性があるお子さん)についても、発達の観点から評価し、取り組みのアドバイスを行っています。

今日は、運動遊びの日ということで、運動遊びの講師がお越しになっており、子どもたちの運動発達を促す色々な遊びを実践されていました。

その遊びを拝見していて気付いたのですが、何人か体の使い方が気になるお子さんがおられました。

彼らの動きや運動能力を評価しつつ、考えられる要因と保育活動の中でできる具体的な遊びについて、保育士さん方にご紹介しました。

こういった関わり方ができることは、私にとっても一人ひとりのお子さんの経過が分かるので、大変ありがたいです。

 

これまで、単発での講義活動が多かったのですが、今後はこういった継続した関わりができるようなご依頼も、積極的にお受けしていきたいと思います。