子どもと姿勢研究所Facebookグループ参加者募集中

【TOUTUBE動画】発達障害児の「何もないところで転ぶ」原因の見つけ方と練習方法

発達障害のあるお子さんの運動面においては、「何もないところで転ぶ」という課題をよく耳にします。

転ぶということは、つまずいているからなのですが、この問題に対して「筋トレをする」というのは効果的ではありません。

なぜなら、つまずく原因が筋力によるものではなく、ボディイメージの低下によるところが大きいからです。

今回は、何もないところで転んでしまう機序と、ボディイメージの低下があるかどうかの確認方法、練習を行う時のポイントについてご紹介しています。