子どもの発達が学べるWEBマガジン【こども発達WEB】

保育士さん向け講義は西村(姿勢発達・体の発達・遊びと体作りなど)

保育士さん向け勉強会・研修会講師として活動しています

子どもと姿勢研究所では、代表で理学療法士の西村猛が、保育士さんの研修会講師として活動しています。

お受けしているテーマは、以下の通りです。

  • 子どもの姿勢発達と姿勢改善について
  • 子どもの体作りについて(体幹を鍛えることを含む)
  • 保育園での遊びが体の発達に与える効果について
  • 発達障害のある子どもの姿勢や体の課題について

これまで、多くの保育園さんの「職員向け研修」講師としてお呼びいただき、1時間半~3時間程度の講義を行わせていただいてきました。

また、最近では、実際の保育場面を拝見し、姿勢運動面の観点からアドバイスさせていただく機会も増えてきました。

そういった取り組みに参加する機会が増えるに連れ、ますます「保育士さんを応援したい」という気持ちが強くなってきたこともあり、これまで以上に保育士さん向け研修会講師をお受けしていくこととしました。

西村猛は、なぜ保育士さんを応援するのか

保育士さんは、子どもの体作りや姿勢発達に欠かせない存在です。

その理由は、次の通りです。

  • 子どもの体や姿勢の基礎を作るのは、幼児期であること
  • 幼児の体作りや姿勢を良くするための取り組みは、遊びの中で行うべきものであること
  • 保育所では、遊びと生活活動を主体としていること
  • 期間を通して、継続的な体作りの取り組みを行うことができること

このように、保育所での遊びや活動は、子どもたちの体作りや姿勢作りにとても重要な意味を持っています

しかし、「なぜ、遊びが体作りに効果的なの?」「なぜ、体の基礎が幼児期にできるの?」「一体どんな遊びが体のどんなところに効果があるの?」など色々分からないことがあるのではないでしょうか?

そういった疑問に対して、医学的根拠を元に、遊びの効果や保育園での活動が子どもの発達に与える効果について、分かりやすく解説しています。

 

「遊びを科学することで、保育士さんの日々の活動を応援したい!」という気持ちが、この活動のベースになっています。

あと、保育士さんは本当に子どもが好きな方々ばかりで、「子どものためにできるだけのことをしてあげたい!」という熱意を持った方が多く、また実際にお会いするととても明るくて気さくな方が多い印象で、「個人的に保育士さんという職種の方々が好きなので、応援したい」というちょっと偏った(?)理由もあります(笑)。

西村猛の講義の特徴

1.医学的な基礎情報に基づいている!

医学的な基礎情報にもとづいて、幼児期の遊びの重要性や効果、具体的な方法を「分かりやすく」お話します
体作りを推進していくためには、「ここをこうすればいい」という方法論だけではなく、「なぜ、そうなるのか」という根拠を知っておく必要があります。

なぜなら、体作りの基本的な知識があれば、他の活動や遊びにも応用がきくからです。

逆に言うと、仕組みを知らないまま「小手先テクニック」ばかりを学んでも、姿勢の改善にはつながりません。応用が効かないので、少しでも状況が変われば、とたんにどうしていいか分からなくなってしまうからです。

2.保育に役立つ、6つの効果!

  1. 体や運動の仕組みが分かる!
  2. なぜ幼児期の遊びが体の発達に効果的なのかが分かる!
  3. 「この部分を強くするなら、この遊び」、「この遊びをしているだけで、体のこの部分が強化される」という「遊びと体作りの関係性」が分かる!
  4. 体作りのエッセンスを入れた保育プログラムを立てることができる!
  5. 保護者に対して、体作りのコツやポイントを紹介することができる!
  6. 保育の果たしている役割の大きさに気付くことができ、ますます保育士としての仕事が楽しくなる!

3.保育士さんに特化した講義内容!

保育士さんの勉強会、保育所の研修事業など、保育士さんに特化した講義を行います。

具体的には、以下の様な項目や内容についてのお話ができます。

  • 体幹をはじめとする体の機能と役割
  • 幼児の姿勢発達
  • 幼児の体作りのコツ
  • 具体的な遊びと鍛えられる場所
  • 保育の中で行える体や脳の鍛え方

4.他の講義・研修との違いがたくさん!

  • 根拠のよく分からない「◯◯法」や「△△メソッド」といったものではなく、解剖学や運動学といった医学的基礎をベースとした講義内容!
  • 医学がベースだからといって、小難しい話は一切出てこない!分かりやすいと好評の内容!
  • 具体的な遊びや保育活動の中での取り組み方法をご紹介→スグ実践できる!
  • 実際に体を動かして体験してもらう時間もあるため、飽きない!眠くならない!
  • 時々、講師のつまらないギャグやモノマネが入るので、それはそれでオモシロイ!

講義の様子(雰囲気)

講義の雰囲気はこんな感じです。
音量注意!

講師 西村猛について

講師は、医療や福祉の現場でのべ数千人の姿勢や動作の指導に当たってきた、西村猛が担当します。

西村 猛

・日本で一番、保育士さんを応援する理学療法士
・療育改革実践家
・キャッチコピーは「特技モノマネ、趣味立ち話」

◆株式会社ILLUMINATE 代表取締役
◆子どもと姿勢研究所 代表
◆神戸ことばとからだの発達相談室ゆず 代表
◆児童発達支援事業所「発達支援ゆず」総合プロデューサー
◆学習障害児のための個別支援塾「寺子屋ゆず」代表
◆こども発達WEB編集長
◆Latte Column専門家コラムニスト

略歴

・30年前の高校卒業後、当時は珍しかった、理学療法士を目指す。
・平成4年、、理学療法士免許取得。京都の救急病院に勤務の後、地元神戸の総合病院に勤務。
・平成8年、兵庫県庁に入職、訪問リハビリ業務に従事。後、神戸市役所に入職、療育機関に勤務。 主に肢体不自由児にリハビリテーション(療育)に携わり、肢体不自由児の生活リハビリを積極的に推進。 また、福祉用具業者とともに、障害児用の専用ベッドに開発に携わる(後、商品化)。
・2017年、市役所を退職し、独立起業。神戸市内に言葉や体の発達に不安のある子どもと保護者のための発達相談室、「神戸ことばとからだの発達相談室ゆず」を開設。子どもの発達評価や運動レッスンを行ないながら、不安のある保護者から多数の発達相談、育児相談を受ける。
・2018年、株式会社ILLUMINATEを設立、代表取締役に就任。同時に児童発達支援事業所「発達支援ゆず(現在開設準備室)」総合プロデューサーとして活動。また学習障害児に特化した「個別学習塾 寺子屋ゆず」も運営。また、子どもの発達が学べるWEBマガジン「こども発達WEB」で編集長を務める。

幼児の体作りの専門家としての活動

・2013年より、子どもの姿勢改善と幼児の体作りを推進するための情報サイト「子どもと姿勢研究会(現子どもと姿勢研究所)」を設立。 情報発信をする傍ら、現在も子どもの姿勢や体作りに関する講師として、保育園をメインに講師活動を継続。子どもの体作りの専門家として、メディアからの取材多数。また、Latte Columnでも教育分野のコラムニストとしても活動。
・愛用のうんちくん指し棒とうんちくんハットを手に(頭に?)、今日も全国の保育園を周っている。

講演/保育士研修実績

池田市聖マリア幼稚園(大阪府池田市)/堺市保育士勉強会(大阪府堺市)/豊能町立吉川保育所(大阪府豊能郡)/いなべ市いなべひまわり保育園(三重県いなべ市)/児童養護施設 双葉学園(兵庫県神戸市)/児童養護施設 愛信学園(兵庫県神戸市)/武庫川女子大学文学部心理・社会福祉学科/神戸市立たまも園(兵庫県神戸市)/神戸市立さざんか療護園(兵庫県神戸市)/社会福祉法人浄英会保育士全体研修会(新潟県長岡市長生保育園)/四日市市保育士研修会(三重県四日市市)/森のいえ「ぽっち」保育士研修会(長野県諏訪郡富士見町)/八幡おひさまの森保育園(静岡県静岡市)/三木市立よかわ認定こども園(兵庫県三木市)/豊能町立吉川保育所保育研究会講師(大阪府豊能郡)/その他多数

メディ掲載・取材等

受講者の声(受講者アンケートより)

講義内容について

1

 


3

 


5

 


4

 


9

講師について

6

 


8


12

 


13

保育士さんの体のケアについての講義もお任せください

子どもの発達支援ばかりではなく、保育士さんの体のケア(例えば腰痛予防や猫背改善方法など)も重要なポイントだと思っています。

子どもの発育や発達を推進していくためには、まずは「保育士さんが元気でいること」が何より大切だと考えています。

具体的な内容としては、

  • 腰痛をはじめとする体の不調に関する情報提供と、予防方法のご紹介(実技を含む)
  • 日常の保育業務の中で、体に負担のかからないための子どもの抱っこ方法や体の使いかたの工夫などのご紹介(実技を含む)
  • すでに腰痛などの不調に悩んでおられる保育士さんのための、腰痛改善方法や、体のメンテナンス方法についてのご紹介と実践方法のご紹介(実技を含む)
などです。

もちろん腰痛だけに限らず、ストレッチなど一般的な体のメンテナンスについてもお話させていただけます。

講義依頼のお申込み

講義・研修内容、時間、場所などについては個別にご相談させていただきますので、まずは下記のフォームからご連絡ください。

「座学をメインに」、「実技をメインに」、「座学も実技も両方してほしい」などのご要望にも柔軟に対応いたします


よろしければアンケートにご協力ください(任意)

■当サイトをどこでお知りになりましたか?
検索サイトエンジン(Google、Yahoo!など)TwitterFacebookコラムLatteその他


※ご記入いただいたメールアドレスにご返信できない(メールアドレスの記入間違い)ケースがあります。メールアドレスにお間違いがないか、再度ご確認ください。

※送信後、すぐにお問い合わせ受付メールが返信されます。届かない場合は、メールアドレスに間違いがないか、メール受信設定で[kodomotoshisei.com]からのメールを受信できる設定になっているか、をご確認の上、再度お問い合わせください。


上記の内容で送信してよろしければチェックを入れて下さい。