子どもの発達が学べるWEBマガジン【こども発達WEB】

【セミナーのお知らせ】「発達障害児の学習のつまずきの原因と勉強を教える時のポイント」11/17(土)神戸市内

※当日お話する内容(第3章:学習と体の発達のつながり)を少しだけご紹介!

子どもと姿勢研究所代表の西村が登壇するセミナー

11月17日(土)に神戸市東灘区で、発達障害児の学習支援に関するセミナーを行います。

主催は、弊社が運営している「発達障害児のための個別学習支援塾 寺子屋ゆず」です。

 

このセミナーで、子どもと姿勢研究所の西村が「学習と体のつながり」の章を担当します。

メイン講師としては、寺子屋ゆずで実際に子どもの勉強を指導している、学校心理士で元小学校教諭のイワセンこと岩井美香が担当します。

学習障害は、「繰り返し問題を解く」では解決しない

学習障害のあるお子さんは、体の使い方が上手くなかったり、感覚過敏や鈍麻、視覚優位など、体の課題を抱えていることが多くあります。

そのため、「単に問題をたくさん解く」「間違えなくなるまで繰り返し問題を解く」といった勉強方法では、学力の底上げは難しいのです。

また、子どもによって、課題や工夫の仕方が違うので、「みんなで同じ問題を解く」タイプの学習塾では、「勉強に子どもを合わせる」形となるため、学習効果は出にくいでしょう。

 

必要なことは、「まず、子どもがどこにつまずいているのかを適切に評価する」こと。

そして、「つまづきの原因を深く掘り下げて考察すること」が大切です。

その際、体の課題が影響していないかどうか、といったことも適切に評価することが大切です。

その上で、子どもに合った工夫、学習方法、環境設定をしていくことがポイントとなります。

セミナーでは、学習のつまずきの見つけ方、具体的な手立てを考えるコツ、教える時のポイントなどについてお教えします。

 

神戸近隣にお住まいの方は、ぜひセミナーにお越しください。

詳細は、以下の通りです。

セミナー詳細

■日時:2018年11月17日(土)9:30~11:00

 

■テーマ:発達障害児の学習のつまずきの原因と勉強を教える時のポイント

 

■場所:神戸市東灘区民センター8F会議室2(神戸市東灘区住吉東町5丁目1-16)※JR住吉駅徒歩3分

 

■対象者:お子様の学習の遅れを心配している保護者の方/学習サポートを行っている支援者(小学校の先生/デイサービス指導員さん/学童指導員さんなど)

 

■講師:
 岩井美香(寺子屋ゆず専任講師・学校心理士/元小学校教諭)
西村  猛(子どもと姿勢研究所代表/株式会社ILLUMINATE CEO)

 

■参加費:お一人様1,000円(税込)

 

■詳細&お申込み:こくちーずPROのサイトから

こくちーずPROのサイトで詳細を見る

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう